転スラのミムルとリムルは結婚する!?正妻になる4人の候補は誰!?

転スラは多くのキャラクターが出ていることで有名です。そのなかでもかわいいキャラも多数登場。
例えば妖鬼である魔王ミリム、シュナやシオン、人族のクロエやヒナタなど。

誰がメインヒロインなのかわからない作品です。テンペストの結婚事情に関して興味を抱いた人も多いと思います。

リムルの結婚候補
  • ミリム
  • シュナ
  • シオン
  • クロエ
  • ヒナタ
  • ラファエル(シエル)

リムルは誰と結婚するのか誰が正妻になるのかに関して考察していきます!!

まるりん

ミムルとリムルがとっても仲がいいけど他の人と結婚する可能性もあるのかな?

目次

転スラのリムルとと恋愛関係になっている女性キャラは!?

リムルに対して好意を抱いているキャラクターを紹介していきます。

八星魔王ミリム
リムルの第一秘書シオン
リムルの真秘書
兼お世話役
シュナ
リムルの生徒
兼勇者
クロエ
西方聖教会
最強の騎士
ヒナタ・サカグチ
リムルの相棒智慧之王(後、シエルとなる)

どれも個性あふれるキャラクターですね。

シオンはおいしい料理が作れるようになりたいという願いから「料理人」というスキルを生み出しました。リムルの第一秘書としてリムルに日々怒られています!

シュナはリムルのお世話係として人魔会談で進行係を務めていました。まさに真秘書です。

二人の可愛さは転スラのOAD外伝で見られます!

クロエの初回登場時はリムルの生徒でした。小説18巻では大人の姿になっています。もちろん子どもの姿にもなれるのです。八星魔王の一人であるレオンがシスコンになるほどかわいい!

ミリムはリムルのマブダチとして活躍しています。小説第10巻ではリムルがミリムの友達である「混沌竜」を助けたことでいっそう関係性が深まったはずです!

西方聖教会最強の騎士ヒナタはリムルと戦っていました。第8巻以降からはヒナタとリムルが親しげに話し合う姿が見られています。リムルもヒナタの綺麗な姿に目が行ってしまうシーンが多くありました!

皆それぞれ、リムルに対し何か思うところはあるようです。それではより詳細にリムルの結婚事情について深掘りしていきます。



転スラのミリムとリムルは結婚する?正妻候補の4人は誰?

私の見解ではミリム、シュナ、シオン、クロエが正妻の候補として上がります。

Web小説の最終話でミリム、シュナ、シオンによるリムルの取り合いが起こりテンペストの問題として上がっているようでした。三人が争っている中クロエだけはリムルとお茶しており一人抜け駆けしていましたが(笑)

では、小説やアニメでのリムルの結婚事情はどうなるのか考察をしていきます。

正妻の第1候補 ミリムとリムルの関係

ミリムはリムルのマブダチです!マブダチとは何?という方もいると思います。階級で言いますと友達<親友<盟友<マブダチという感じだと思っています。!詳しくはヴェルドラとミリムに聞いてください!

ミリム初登場はアニメでは16話、小説では3巻でした。オークロードを討伐したリムルに興味を抱いたのがきっかけでした。ミリムの自己紹介後に戦闘になり、ハチミツで勝敗がついたときはミリムが可愛かったです。その後、テンペストの街でミリムはリムルの関係について質問されたとき、ミリムは「リムルはマブダチなのだ」と言いました。

ミリムはリムルに手懐けら、一緒に温泉に入ったりカリュブディスを倒したりしました。

小説6巻のクレイマン討伐の場面ではリムルはミリムが精神支配されたと思い彼女を助けようとします。その場面でミリムがいかに大事だったかがわかると思います。

小説第10巻のミリムの友達である「混沌竜」をミリムに助けてほしいと言われたリムルはカッコよく「任せろ」と言い立ち向かっていました。小説第15巻では東の帝国との戦いでリムルの軍勢がピンチのときにミリムの部下になったカリオンとフレイを派遣していました。マブダチは見捨てないということなのでしょう!

二人の恋愛関係は小説、アニメでは見られませんでした。ですが、リムルとリムルの友情が恋愛に発展することはあると私は思います!

正妻の第1候補 シュナとリムルの関係

シュナはリムルのお世話係として登場しています。では、どのようなところでリムルに好意を抱いていたのでしょうか?

まるりん

アニメ OAD 外伝「HEY!尻!」では女子部門の優勝賞品リムルと一日デートをかけシュナはミリムに勝ったよ!そのあともシオンと熱戦を繰り広げてた!

アニメ第27話「楽園、再び」では夜の蝶に一言も言わずに行ってしまったことに怒っていました。これは嫉妬しているのでしょうか?嫉妬のレベルを超えていましたが……。

小説第8巻ではベニマルの恋愛事情の話し合い終盤に好きな人に振り向いてもらうための勝負で「望むところですわ、シオン」と言っていました。そのことから、シュナには好きな人がいてシオンと同じ人ということがわかります。

私はリムル様だと考えました!

正妻の第2候補 シオンとリムルの関係

シオンはリムルの第一秘書として活躍しています。リムル様が大好きすぎて馬鹿っぽいところが目立ちます。その部分もかわいいです!シオンが大好きという方も多いのではないのでしょうか!?

アニメ OAD 「Mの悲劇?」では最初シュナとシオンでリムル様の取り合いをしていました!お世話をどっちがするのか競い合っていました。いつものことですが…。

ずっとリムル様と一緒にいたいのでしょう。

リムルがシオンを大切に思っていると証明できる話があります。それが魔王誕生の話です。シオンがやられてしまったため、リムルは絶望してしまいました。そして、リムルはシオンを復活させるために魔王になる覚悟を決めました。その重い覚悟が出来たのはやはりシオンを大切に思っていたからだと推察できます。リムルが魔王になり、目覚めたときシオンが笑顔で迎えたときは涙を流しました。やはり、リムルもシオンを大切に思い、シオンもリムルを大切に思っているのでしょう。

まぁ、リムル様はシオンの手料理をあまり食べたくなさそうですが…。

正妻の第4候補 クロエとリムルの関係

クロエはリムルの生徒です。リムルの人型のもとになったシズさんの未練であった生徒を助けるためイングラシア王国にリムルは行きました。その子どもの中にクロエはいました。

リムルと子どもたちで模擬戦をした後、子どもたちはリムルになつきました。その時からクロエはリムルのことが大好きでした。クロエがリムルと模擬戦をして負けた後含み笑いをしていたのが気になるところです。リムルが来るのを待っていたのでしょうか?

アニメ23話「救われる魂」でクロエが精神体と同一化した後、リムルに抱きついたシーンがありました。23話以降も抱きついているシーンは多かったです。30話「動き出す麗人」ではリムルがイングラシア王国を出るときにリムルと離れたくないと泣きついているシーンもあり。その際にリムルからシズさんの形見である仮面を貰っていました。そのことから二人は何かの縁で繋がっていると推測できます。

小説16巻ではミカエルの権能によって究極能力が暴走し寝たきり状態になりました。リムルが手助けしようとします。クロエは自力で問題を解決しなければリムルの隣にはいつまでも立てないと言っているのです。そのことから、リムルと一緒にいたいという気持ちが伝わってきます。

結論!クロエはリムルとずっと一緒にいたいのです!つまり、結婚したいと私は考えました!!

正妻の第5候補 ヒナタとリムルの関係

ヒナタは西方聖教会の最強騎士であり魔物の敵すなわちリムルの敵でした。小説では7巻で再び一戦を繰り広げ、リムルが勝ち和解しました。その後は同じ異世界出身ということもあり仲良くしています。では、ヒナタはリムルのことをどう思っているのでしょうか。

小説第11巻ではクロエたちの特訓の成果を見て欲しいとヒナタに頼まれ、リムルが子どもたちの学校に行った場面がありました。そのときに、テスタロッサなどの悪魔に名付けたとリムルがヒナタに伝えたシーンでは「….名付けた?言いたいことがいっぱいあるけどやめておくわ」と言っており、あきれていました。かなり仲が良いようです。

同じく11巻ではグランベル・ロッゾという西方聖教会に潜んでいた黒幕がヒナタに瀕死の重傷を負わせヒナタの命が空前のともしびになりました。その際に、リムルはヒナタを助けるために精神世界に飛び込んだのです。ヒナタを助けようとしたクロエもその場にいて、またクロエの魔素を安定させていたクロノアも精神世界にいました。クロエとクロノアに抱きつかれているリムルを見てヒナタは「いいご身分ね。」と冷たくするのです。これはツンデレのツンでしょうか!

その後もリムルが「再会できてうれしいよ」とヒナタに言っていました。そのときに、ヒナタは頬を赤くしていました。デレています!

その後も目を覚ましたクロエにリムルが抱きつかれているところで、ヒナタは冷たい目をしていました。これは嫉妬でしょう。

小説18巻ではリムル達の世界で初めて10階建ての高層ビルが建てられた記念としてパーティーが開かれました。その際に、ヒナタは背中が大きく空いたドレスを着ていてリムルは「似合っている」や「綺麗だ」と褒めていました。ヒナタはここでも頬を赤くしています。これはデレたのではないのでしょうか!

このように、ヒナタはリムルのことを気にしているようです。褒められるとうれしくて頬を赤くしてしまうようです。クロエたちのように大好きとは表現できないのでしょう。ヒナタのプライド的に…。

正妻の第7候補 ラファエル(シエル)とリムルの関係

ラファエルは「智慧之王」というスキルの名前です。その後、小説15巻で自我をもっていた智慧之王にリムルは「シエル」と名付けました。結果として、主に忠誠を誓っていたスキルが、主への忠誠と人の感情をもつ神智核(マナス)へと進化しました。では、シエルのリムルへの忠誠以外の感情はどうなっているのでしょうか?

小説15巻でシエルに進化した後、竜種であるヴェルグリンドを暴食之王の「虚数空間」に取り込みました。その際に、リムルはヴェルグリンドに間近まで近寄られた際に「凄い美人の人からの吐息にクラっときちゃう」と考えました。シエルはそのことに対し「そのことを考えている場合ではありません」といい少し怒っているようでした。これは嫉妬でしょう。

先ほど述べた、小説18巻のパーティーの際にリムルがヒナタのドレス姿をほめちぎっていました。そして、遂にヒナタが頬を赤くしてリムルは「これはいける!」と思ったのです。その際にシエルが「酔っているだけかと」とツッコミをいれました。リムルはシエルのいうことを信じヒナタに指三本を立てて「これ何本に見える?」と確認しました。ですが、ヒナタは解毒の能力を持っているためアルコールに酔うことはありません。つまり、リムルはシエルに騙されたのです!何故だましたか?それはリムルに近づく女性は許しません。ということなのでしょう!



【まとめ】転スラのリムルの正妻の可能性が高いのはミリム?

正妻の可能性が高いのは誰!ということですが、私個人の考えはミリムではなく

ヒナタ!

だと思っています!

転スラクロエ
画像出典:転生したらスライムだった件11 – Google Books

リムルはシュナやシオンを大事な仲間だと思っています。リムルは確かにシオンとシュナの可愛さやカッコよさを認めています。恋愛対象の女の子という認識は持とうとはしていません。小説8巻での恋愛宣言のとき、リムルは二人が競うことを見て見ぬふりをしていました。これは二人は恋愛対象として見られないという現れなのだと思います。

ミリムに対しても同様です。同じ魔王であり、マブダチです。これからも仲よくしていくでしょう。

クロエに関しては元々生徒という存在で接してきたのでその考えが変わることはなかなかないと思います。また、リムルはクロエの子ども姿のイメージが強すぎるため生徒という意識が強いのだと思います。

ヒナタに関してはリムルと同じ異世界出身ということもあり二人は付き合いやすいようです。まぁ、リムルがヒナタの地雷を踏んで冷たい目線を向けられることが多いのですが(笑)現在のヒナタとリムルの関係性を見ると、リムルはヒナタの女性的な面を見ています。ドレス姿を褒めているのが印象的ですね。また、ヒナタもリムルから褒められるのは悪い気はしていないようです。褒められた後に出でくる言葉は照れ隠しだと私は考えています。

まるりん

考察していくと、リムルはミリムよりヒナタとリムルがくっつく可能性が一番高いよね^^

\継続課金なし/

\31日間無料/

いつでも解約可能!

転生したらスライムだった件の見逃し配信はこちら!

転生したらスライムだった件第二期は以下の動画サイトで見れます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる