鬼滅の刃23話の動画!感想は?【柱合会議・蝶屋敷編】禰豆子が変わる!?

鬼滅の刃23話のアニメ動画では禰豆子が明確な意志をもつようになりました。
精神年齢が退行していた禰豆子は鬼です!ここまで鬼滅の刃をご視聴の方は当然ご存じでしょうが、禰豆子が鬼になった事実は大切な事です。

だからこそ人を食べたいという本能があります。家族であろうと、大切な兄であろうと見境をなくし食らいつく…
鬼はそんな恐ろしい存在です。鬼になった直後は禰豆子ですら凶暴化し、兄である炭治郎に襲い掛かりました。

そんな彼女を普遍的な鬼の一人であり、処断すべきという柱たちに対して、必死に抵抗する炭治郎。しかし、見事禰豆子は自らの意志で鬼の凶暴性を否定して見せたのです。
一体ここには何があったのでしょう?

まるりん
まるりん

禰豆子の気持ちの変化は大きくなったよね!

目次

鬼滅の刃23話の動画はあらすじは?

鬼滅の刃23話の公式の予告動画です。

22話から引き続き、23話でも柱合会議にてその存在の是非を審議されている禰豆子。彼らにとっては当然ですが、鬼が自分の欲望を抑えて人間を襲わずにいられる訳がないと確信しているから炭治郎がいくら声を大にしても認めてもらえる筈もありません。

だからこそ柱の中でも見た目も言動も過激な男、風柱が先頭に立って禰豆子を試します。
禰豆子を負傷させる事で人を食べたい欲求を加速させて、本当に炭治郎の言葉が正しいのか? 人の味方である鬼が実在するのか? と。

禰豆子は鬼ならば必ず屈するその誘導に強い意志を持って耐え切りました。
兄の言葉を己の行動によって証明したのです。

こうして柱たちから一応の納得を得られた竈門兄妹は、蟲柱こと胡蝶しのぶの屋敷に運ばれ、共に傷を癒す事になったのです。



鬼滅の刃23話の感想!柱合会議で禰豆子は決心?

禰豆子は本当に人を襲わない鬼なのか?

禰豆子が本当に人を襲うか襲わないのかは議論の余地はありそうです。事実だけを言えば、彼女は一度兄である炭治郎に衝動のまま襲い掛かっています。

また水柱と呼ばれる鬼殺の剣士である冨岡義勇に殺されかかっています。

炭治郎がいくら庇おうともそれは事実です。禰豆子は未だに人を食べた事がないだけで鬼としての本能はなくなってはいません。危うい存在なのです。

なぜ、禰豆子は我慢出来たのか

耐えられた理由よりも先に禰豆子の状況から整理して行きましょう。

禰豆子は箱ごと不死川に繰り返し串刺しにされ全身から出血しています。彼の振るう日輪刀は鬼に耐えがたい傷を負わせる代物であり、この傷を一刻も早く癒すためには迅速な栄養補給が不可欠です。

そんな時にあるではありませんか。目の前に風柱の腕が。禰豆子の体は否が応でも昂ります。
禰豆子は自らの決意を持ってそれを跳ね除けました。
意志の力のみで鬼の呪縛を超えたのです。

まるりん
まるりん

禰豆子の意思の強さはお兄ちゃんの炭治郎ゆずりなのかもね!

禰豆子の決意とは

禰豆子の脳裏には、自分を庇う兄の言葉、穏やかだった頃の暖かい家族との記憶や鱗滝さんの言葉が巡りました。

兄である炭治郎の言葉・鱗滝さんの言葉を受けて鬼になってから、これまで精神年齢が退行していた禰豆子が明確な意志を固めたのです。

人は守り、助けるもの。傷付けない。絶対に傷付けない、と。

禰豆子の明確な気持ちの変化です。一度は炭治郎を襲う程に凶暴化し、精神も幼くなり、鱗滝さんからの暗示によって人を守る行動を取っていた禰豆子が、今に至って言われるままだった自分を変えたのです。本当の意味で人の味方になったのです。

原作漫画(原作6巻)ではここでは鱗滝さんのセリフはなく、人によってはこのシーンは暗示によって言わされていると思うかもしれませんが、私はこれはフェアだと思いますね。

禰豆子にかかるあらゆる条件や状況をきちんと提示した上で、それでも禰豆子の意志はこれだと改めて視聴者に示すのです。

鬼の本能も、暗示による誘導も乗り越えたのです。素晴らしい。



鬼滅の刃23話の感想まとめ

鬼滅の刃23話では竈門兄妹にとって大事な話でしたね。

炭治郎は禰豆子の事を信じていたでしょうけれど、それでも他の人にとってはそうではありませんから。

風柱こと不死川実弥の卑劣な誘惑を見事跳ね除けた禰豆子。些細な事で堕落の道へ転落していったこれまでの鬼とは対照的な姿です。

しかし、これを目撃した事で禰豆子の存在を否定していた柱も首を縦に振るしかなくなるのでした。

何故なら、

  • 鬼にとって人を食べるのは継続的な栄養補給である
  • 鬼は自身の生命が脅かされるのならそれを避けようとする(=負傷しているのならばそれを癒すための栄養補給しようとする)

この二つの常識が――少なくとも禰豆子に於いては否定されてしまうからです。
もし禰豆子がこれまでに人を食べているのなら、今回風柱に傷付けられた事による消耗を補う手段は即ち人を襲う事になるでしょう。

ですが禰豆子はそれを耐え切りました。その場から動かず、血の輝きに目を奪われながらも人は守るべき者であるという立場を維持したのです。

人を食らう事は禰豆子にとって主要な栄養補給手段足りえない。同時に、栄養補給にならないのならば鬼となった直後に人を食べる必要がなかった。

つまりは人を一人も襲っていない証明と今後も人を襲わない可能性が浮上します。禰豆子の精神力を称える場面であると共に、これまで鬼殺隊が常識としていた考えに待ったをかける出来事だった…のではないでしょうか?

たとえその身体と力が鬼のものであっても、明確な意志を持って人のために戦うこれからの禰豆子は、歴とした人間の一人であると言えるでしょう!

立派に成長した禰豆子を今後も応援して行きたいです!

まるりん
まるりん

24話の展開が早くも楽しみだね♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる