【鬼滅の刃】のアニメ動画18話「偽物の絆」あらすじネタバレ感想は?

鬼滅の刃といえば一時期社会現象になるほど人気ですね!アニメもリアルタイムで見ていた方も多いのではないでしょうか。

ここでは、「鬼滅の刃の」アニメ18話「偽物の絆」のネタバレを載せていきます。

18話の見どころ
  • 伊之助の過去が明らかになる
  • 危機的な状況の中、頼りになる助っ人が現れる

と今回も目が離せない内容になっています。

キャラクターの過去とかわかってきたりドキドキする展開が続くね

目次

【鬼滅の刃】のアニメ18話「偽物の絆」あらすじネタバレ感想

最初に書いた通り、18話のネタバレの前に17話の振り返りをしてみましょう。

善逸は那田蜘蛛山に入るのを嫌がっていましたが、禰豆子のために森へ入り追いかけます。

蜘蛛の噛まれた時の毒でボロボロになりながらも、善逸は覚醒し累から見ると兄に当たる人面蜘蛛に反撃を始めます。

ここから18話のネタバレ・感想になりますので、未視聴の方はお気を付けください。

18話「偽物の絆」のあらすじネタバレ

那田蜘蛛山の父鬼と対峙する炭治郎と伊之助。応戦する炭治郎だったが、父鬼の怪力に吹き飛ばされてしまう。

川の近くに落下した炭治郎は、姉鬼を痛めつける鬼の少年・累と出会う。

恐怖と憎悪で結ばれ義勇はた関係を「家族の絆」と呼ぶ累に、炭治郎は激怒する。累と炭治郎の戦いが始まる。

引用元:鬼滅の刃公式サイト

伊之助の回想シーンもあり、その中で母親らしき人物も登場します。

とても興味を引き付けられる言葉が母親と思われる人物から発せられたときは「ドキッ」っとするような内容なのは間違いありません。

まるりん
まるりん

伊之助や助っ人の存在が18話の大きな見どころだよ♪

18話「偽物の絆」を見た感想

17話では、善逸がメインの回でしたが、18話では炭治郎と伊之助がメインになります。

炭治郎と鬼の少年・累はそれぞれ、「家族の絆」について怒っているところが印象的でした。

姉鬼を痛めつける累は恐怖と憎悪で結ばれた関係を「家族の絆」、炭治郎は家族も仲間も強い絆で結ばれていれば尊い。それに「強い絆で結ばれていれば信頼の匂いがするはずだ」と反論し、戦闘になっていきます。戦闘中に糸によって炭治郎の日輪刀折れてしまい、一気に追いこまれてしまうのです。

そして、終盤には善逸のもとには柱のしのぶが、伊之助のもとには同じく柱である義勇が到着し、義勇は伊之助がなかなか倒せなかった父鬼をあっさり倒すさすがの実力を見せつけていきます。

今回はかなりの強敵の出現で、それぞれが追い込まれていく状況なので見ている側もハラハラする展開が多かったです。

しのぶさんの戦闘シーンはなかったけれど、義勇の戦闘シーンはあり流石の実力と感じました。

18話「偽物の絆」19話への布石がすごい!

とても気になる終わり方でしたが、19話「ヒノカミ」では、禰豆子が炭治郎を命がけで守ろうとする場面や、炭治郎が新しい呼吸「ヒノカミ神楽」を会得するなど見どころが満載です。

19話は神回と話題なので、見逃しはしないようにしてくださいね!



【まとめ】鬼滅の刃のアニメ18話「偽物の絆」を見た感想

今回は満を持して柱のしのぶと義勇が登場しましたね!

累と炭治郎それぞれが語る「家族の絆」について考えさせられる内容もありました。

またアニメ版では漫画にはない、義勇としのぶの会話シーンが追加されています。

このように独自の追加シーンがあるのもアニメ版のいいところですね。

漫画で読むのと違い、アニメになることによってシーンに更なる迫力が生まれるのも魅力です。

まるりん
まるりん

また途中で伊之助の過去も明らかになったけど、どんな風に語られていくのか期待だね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる