【鬼滅の刃】22話動画の感想!お館様!裁判にかけられた時の炭治郎の反応は?

プラス
プラス

炭治郎と裁判になったときの柱たちの立ち振る舞いに戦慄したよ…

鬼滅の刃アニメ22話の見どころ
  • 鬼滅隊士最高位、柱の9人が集結。
  • 鬼殺隊をまとめるお館様の登場。
  • 無惨の炭次郎と禰豆子への思惑。
  • 柱たちの鬼への怒りと憎しみ。
目次

【鬼滅の刃】のアニメ22話「お館様」あらすじネタバレ感想

鬼を連れた鬼殺隊士として隊律違反の嫌疑をかけられている炭次郎。そして炭次郎を庇う義勇も同様に隊律違反を指摘されています。鬼殺隊本部での会議で炭次郎、義勇、禰豆子は処分(死刑?)になってしまうのでしょうか?

22話「お館様」のあらすじネタバレ

戦いを終えた炭治郎は、禰豆子とともに鬼殺隊本部へ連行される。

そこでは鬼殺隊の当主・産屋敷と最強の剣士・柱たちによる「柱合会議」が行われることになっていた。

鬼を庇うという鬼殺隊にあるまじき隊律違反をした炭治郎を、柱たちは糾弾する。

そして風柱・不死川実弥は、禰豆子に刀を向けた――。

引用元:鬼滅の刃公式サイト

隊律違反を指摘され那谷蜘蛛山から連行されてきた炭次郎、禰豆子、そして義勇。柱が集結する鬼殺隊本部のお白洲でどのような裁きが下されるのでしょうか。

22話「お館様」を見た感想

鬼滅の刃アニメ22話は、9人の柱たちと炭次郎、そしてお館様との会話で話が進んで行きます。柱それぞれの言動を見聞きしていると、ほとんどが極端なキャラクターの持ち主のようです。

とにかく派手好きな音柱・宇随天元(うずいてんげん)、ずっとボーっとしている霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)、男女を問わない博愛主義の恋柱・甘露寺密璃(かんろじみつり)、蛇を飼っていて蛇のようにネチネチしている蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)、いつも悲しみを湛える岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)、竹を割ったような話っぷりで表裏のなさそうな炎柱・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)、どこから見ても悪人顔の風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)、冷徹で感情を表に出さない蟲柱・胡蝶しのぶ、口下手コミュ障水柱・富岡義勇。

ただ、性格などは違っても徐々に見えてくる全員が共有している二つの思いがあります。それが鬼への怒りと憎しみ。そしてお館様への信頼と敬愛です。

22話「お館様」は目が見えない? 柱を従える実力は?

二人の子どもに手を引かれて登場するお館様は、どうやら目が見えない様子。病弱そうで戦闘能力など持ってなさそうです。しかし、鬼殺隊を組織し、束ねているということは、何か別に特別な能力を持っているのでしょう。

そのお館様自らが炭次郎たちのことは容認していると言っているにも関わらず、柱たちは承服しません。鬼がどれだけ人に仇なす存在かということは、柱たちは身に染みて知っています。鬼を殺してこその鬼殺隊。鬼を連れて歩く炭次郎も、炭次郎を庇う義勇も鬼の禰豆子もろとも殺すべしという意見が大勢を占めます。

その意見を聞いた上でお館様は言います。人間に対する飢餓状態に2年以上晒されても人を襲っていない禰豆子ですが、この先も人を襲わないとは限りません。しかし同様に、この先必ず人を襲うとは言えません。

そして、一度無惨と接触している炭次郎は、無惨に狙われてしますのです。さらに禰豆子という特殊な鬼が、無惨にとっても何か意味のある存在ではないかと続けます。

それでも納得できない実弥は、自らの腕を切って血の匂いで禰豆子を揺さぶります。



【まとめ】鬼滅の刃のアニメ22話「お館様」を見た感想

鬼殺隊の最上位隊士である9人の柱と、鬼殺隊を取りまとめるお館様。一気にキャラが大放出されました。22話だけではそれぞれの人物を深堀りできませんが、各自がどのような気性を持っているかはなんとなく見えてきましたね。その中でも特に鬼に対して憎しみをむき出しにする実弥は、禰豆子を箱ごと串刺しにします。その様子を目の当たりにするも、柱に抑えられた炭次郎は身動きすら取れません。影のある屋敷で箱を開けられ実弥と対峙した禰豆子。次回、23話ではどうなるのでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる