【鬼滅の刃】アニメの14話動画の感想!藤の花の家紋の家!善逸の登場はここ?

\継続課金なし/ 漫画王国で鬼滅の刃を見る漫画王国内で鬼滅の刃と検索!
\31日間無料/ U-NEXTで鬼滅の刃を見るいつでも解約可能!

鬼滅の刃アニメ14話の注目部分は以下の4点です。

  • 炭次郎VS猪頭の鬼殺隊士
  • 伊之助が初の顔出し
  • かまぼこ鬼殺隊の結成
  • 「藤の花の家紋の家」での食事、就寝前の漫才のようなやり取り
まるりん
まるりん

14話は個人的には伊之助が見どころだよ♪

スポンサードリンク

【鬼滅の刃】のアニメ14話「藤の花の家紋の家」あらすじネタバレ感想

14話「藤の花の家紋の家」のあらすじネタバレ

死闘の末、響凱との戦いに勝った炭治郎。
屋敷の外へ出ると、先に脱出していた善逸と出会う。だが、禰豆子の入った木箱を抱えボロボロになった善逸、
そして二刃の日輪刀を抜いた猪頭を被った男が立ちはだかる異様な状況を目の前にする―。

引用元:アニメ「鬼滅の刃」公式サイト

14話「藤の花の家紋の家」を見た感想

冒頭の炭次郎対猪頭の鬼殺隊士との迫力ある戦闘が作画も滑らかで見応えがありました。厳しい修練を修めて強くなった炭次郎に対し、見た目の通り人間にない発想、身体の使い方をして野獣のような戦闘スタイルで戦う謎の鬼殺隊士。

猪に育てられ、野生という厳しい環境に適応しながら成長し手に入れた強さなのでしょう。

炭次郎の強烈無比な頭突きで倒されますが、その衝撃の拍子に落ちた猪頭で隠されていた素顔は、まるで美少女。

針金を束ねたかの如く鍛え上げられた上半身にまったく不釣り合いな少女のような顔が乗っています。頭突きにより割れた額から流れる血とのギャップで、より凄烈な印象です。しかしその中身は烈火のような気性の戦闘狂です。顔以外はジャンプイズム溢れるバトルマニアなその鬼殺隊士は、嘴平伊之助と名乗り、気絶してしまいます。

鼓の館で犠牲になった人々を埋葬した炭次郎、善逸、伊之助の3人。

3人は鎹鴉の伝令に従い山を下り、淸、正一、てる子たちに藤の花の匂いが付いた鬼除けを渡し別れ途中で別れます。

伊之助は山中ことあるたびに「猪突猛進!」の掛け声と共に木に頭突きをしています。今度は頭突きで負けないように鍛えているのでしょうか? 

子どもたちと別れたところで、再び伊之助は炭次郎に勝負を挑んできます。お前呼ばわりしてくる伊之助に、俺はお前じゃない、竈門炭次郎だ! と名乗ります。他人にあまり興味のない伊之助は、かまぼこ権八郎と適当な名で返します。一部ファンたちが言う「かまぼこ鬼殺隊」はこの伊之助の返しから定着したものです。

14話「藤の花の家紋の家」では寝れなくなる炭治郎に注目

そして藤の花の家紋の家に着き、激しい戦闘によって全員重症を負っているので、そこで休養を取ります。この藤の花の家紋の家はその昔、鬼狩りに命を救われたのです。

それ以来鬼狩りに対しては無償で手厚く尽くしてくれる存在のようです。

布団、食事、医者、必要なものはすべて用意されます。

立て続けに激しい戦闘を繰り広げて来たせいか、屋敷で解けた緊張感で3人のかみ合わないやり取りが繰り広げられます。ツカミ、ボケ、ツッコミ、どれも的外れです。

このやり取りで、ほっこりとした時間が過ぎていきます。

そしてついに箱から禰豆子が出ると、善逸は半狂乱!

炭次郎がかわいい子と連れだって遊び半分で鬼殺隊に入ったと(嫉妬と偏見により)誤解するのです。抜刀して炭次郎に襲い掛かり、いつまでも眠れなくなってしまうのでした。

スポンサードリンク

【まとめ】鬼滅の刃のアニメ14話「藤の花の家紋の家」を見た感想

見どころは特にこの3人

  • 素顔を初公開したとにかく戦わないと気がすまない伊之助
  • 真面目な炭治郎
  • 怖がりな善逸

三者三様ながらかみ合わない漫才を繰り広げながら最後にはなんとなく距離が縮んでいる。そんな雰囲気が違和感なく表現されていて少し癒され感のあるお話でした。

炭次郎が背負う箱にはきっと鬼が入っていると思う善逸。

その箱が炭治郎にとって命より大事だといっていたから怖くて痛いのに必死に箱を守る善逸の優しさ。

野獣と力比べしながら育ってきて人としての倫理観から外れていつつ、強さ、勝負にこだわる伊之助。それをたしなめながらまとめようとする長男炭次郎。

それぞれの特徴が良く出ていました。

こうしてかまぼこ鬼殺隊が結成されました。

まるりん
まるりん

久しぶりに顔を出した禰豆子も可愛かったよね。

善逸が嫉妬に狂うほどに(笑)

スポンサードリンク