呪術廻戦のアニメ動画12話「いつかの君へ」あらすじネタバレ感想は?

吉野順平は母親が呪霊に襲われ犯人への復讐を誓います。

学校すべてを巻き込む凶行に及びました。それを止めるようとする虎杖悠仁との戦いから12話は始まります。吉野順平と虎杖悠仁の実力には差があり、戦いは長引かず決着が着きます。

そこに現れる特級呪霊『真人』。こちら呪術廻戦原画さんの原画動画です。

全てを仕組んだ真人に怒りを露わにする虎杖雄二。

そして悲惨な結末。

吉野順平と虎杖悠仁の友情の終着点は何処なのか。

まるりん
まるりん

残酷な展開に涙が出そう…

目次

呪術廻戦のアニメ動画12話「いつかの君へ」のあらすじとネタバレ感想

「いつかの君へ」のあらすじネタバレ

真人に心酔していた吉野は、上手く利用され虎杖と戦うように仕向けられていた。復讐に走り暴走する吉野に対し、虎杖は拳を重ねながらも動機を聞き出し説得しようと図るが、吉野の口から残酷なこと実を知ることになる。そんな二人のそばに真人が忍び寄り――。

引用元:呪術廻戦公式サイト

「いつかの君へ」をみた感想

12話「いつか君へ」を見た感想口コミ
  • 順平さんをねぎらう声
  • タイトル「いつか君へ」の絶望の声
  • 子どもに見せたくないという感想
  • 地獄を見た気持ち

吉野順平は完全に仲間になれるキャラクターだと思っていました。順平はバケモノに変えられた時も、力尽きる瞬間も虎杖悠仁のことを友人だと思っていた筈です。

順平の最後が子どもに見せたくないという親心やショックを見て地獄と感じた人もいる印象でした。だからこそ、順平の何故という今際の言葉は悠仁の胸に痛切に刺さった事でしょう。

れきゅう
れきゅう

この怒りをどうにか晴らしてほしいよね!

悠仁VS.順平 ぶつかり合う友

最愛の母親を殺された順平と、ふたりの関係を露も知らない悠仁は、互いに主張をぶつけながらも相互理解にならない平行線のまま争いをぶつけます。

順平の術式は『毒』。式神を通して、呪力で作り出した毒を相手に送り込みます。

ほぼ素人ながら巧みに式神を操る順平です。呪術の使い手としてはさすがに悠仁の方が一枚上手であり、どんどん追い詰められてしまいます。

自分の正当性を主張し続ける順平を、悠仁は

「自分が正しいと思いたいだけだろ」

と殴り飛ばします。

強引な言葉尻は地味に巧みな会話劇ですね。事情を知っていたなら100%順平に寄り添ったであろう、というのが悠仁のキャラクター性です。

悠仁と同じく「自分が正しいと思いたいだけだろ」という感想になるのですから。悠仁がそれこそ異常な程極めて善良であっても、普通の価値観を持つ主人公だと良くわかります。

和解、そして…

事情を知り、争う手を止め和解した二人です。そこに現れたのは特級呪霊『真人』。今回の全てを仕組んだ張本人です。

真人の危険性を察知した悠仁は順平に直ちに逃げるよう懇願します。けれども真人のことを信頼しきっていた順平は不用意にも真人に触れられてしまいました。

真人の術式は『無為転変』。手で触れた相手の魂の形を改変し、魂に引き摺られるようにその身体をバケモノに変える呪いです。

順平は無惨にも醜いバケモノに変えられ、悠仁に襲い掛かります。

いやぁ、今まで何度かそのシーンを見ていましたが、既に愛着を持っていたキャラクターが醜く変えられるのはショッキングです。そもそも手駒として使いたいのなら魂の形を変えれば良いだけです。

必ずしも醜くある必要はありません。

これは真人の趣味でしょうね…。

だから俺の心臓を直した時みたいに順平を直してくれ!

順平を元の姿に戻すため、悠仁は体内に眠る宿儺を呼び起こします。

宿儺の力で順平を助けて欲しい、元の姿に戻してほしい、と。

悠仁も知っているのです。

無為転変によって異形の姿に変えられてしまった人間は、もう元の姿に戻す方法はありません。

だからこそ、万に一つの希望に掛けて自分の体に巣食う宿儺に頼るしかなかったのです。

――断る

宿儺はそれには乗りませんでした。

今の悠仁に対してならどんな自分優位の契約も思いのままであります。悠仁には既に縛りを掛けているので乗る必要もないのです。

宿儺は己に寄り縋ってきた悠仁を、釣られた真人と共に二人で嘲笑します。

「なんで」

悠仁は何一つ順平を救うことが出来ませんでした。順平だったものはその一言を残して事切れました。

激怒する悠仁

『呪術廻戦』が始まってから初めて憎悪と怒りで振るわれた虎杖悠仁の拳。

基本的に魂の形を自由に変えてしまう真人に、呪術師といえど物理攻撃は効きません。

しかし、物理攻撃がきかないことに例外がありました。虎杖悠仁は体内に宿儺の魂があるため無意識で魂の形を認識できていたのです。その為、真人と言えど悠仁の攻撃を無効化する事は出来ません。真人にとって虎杖悠仁は天敵だったのです。

重ねて真人には不都合なことがありました。悠仁の中には宿儺がいます。真人の術式により悠仁の魂に触れるということは、即ち宿儺の魂にも触れることだったのです。

真人が悠仁の隙を突いて体に触れました。無為転変を使用するも、宿儺は無礼にも己の魂に触れてきた真人に忠告したのです。

次はない、と。

一級呪術師である七海にも有効打を打てない真人。

唯一まともにダメージを与えられるのが主人公・虎杖悠仁。

主人公を遥かに超える強さの味方キャラクターがいる作品では、主人公にしか対処の出来ない強敵が登場することがあります。ズバリ真人がそれでしょう。

ここで倒せる可能性もあります。もし生き残ったのならライバルキャラとして重要なポジションになりそうです。

七海の救援

そこへ現れた一級呪術師七海健人。真人の腕を切り落とし、悠仁のピンチを救います。

七海は、ひとつのことに気付きました。自分ではダメージを全く与えられない真人が明らかにダメージを負っていることに。

七海は真人を圧倒できるも決定打は与えられない。悠仁は真人にダメージを与えられます。しかしチャンスを思うように作れません。

しかし、二人で協力すれば特級呪霊にしてこの惨劇の元凶である真人を祓うことが可能なのです!

これまで悠仁を危険な場には連れて行こうとはしなかった七海に、実質協力者として指名されたのは胸が高鳴りますね。

七海は見た目の謎眼鏡に反して、善良さの極みのようなキャラクター。なので個人的には七海が悠仁との組み合わせはすごく様になってるように思います。



【まとめ】呪術廻戦12話の動画「いつかの君へ」を見て

呪術廻戦12話のポイント
  • 悠仁対順平
  • 友との和解と別離
  • 真人の天敵であった虎杖悠仁
  • 七海との共闘

アニメ『呪術廻戦』の血も涙もない残酷な展開が、惜しみなく積み込まれた渾身の回でしたね。

OPにて仲間たちと笑い合う吉野順平の姿が、ただの幻に過ぎなかったと突きつけられてしまいました。ここまで視聴者のヘイトをタイムセールで買い込んでいった真人には相応しい報いが必要ではないでしょうか。

\継続課金なし/

\31日間無料/

いつでも解約可能!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる