呪術廻戦のアニメ動画5話「呪胎戴天-弐-」あらすじネタバレ感想は?

呪術廻戦のアニメ動画第5話「呪胎戴天ー弐ー」のあらすじと感想、注目キャラの紹介をします。

この記事でわかること
  • 伏黒恵の術式の有無
  • 術式の詳しい効果
  • なぜ虎杖悠仁を助けるのか

伏黒恵についてさまざまなことがわかるので、伏黒恵が気になる人に見てもらいたいです。
まだわからないことはあるものの、この話までで伏黒恵についてわかることはすべて網羅しています。

アニメだけではわかりにくいことも説明していますので、呪術廻戦をより楽しむために使ってみてください。

目次

呪術廻戦のアニメ動画5話「呪胎戴天-弐-」のあらすじとネタバレ感想

呪術廻戦のアニメ動画第5話「呪胎戴天ー弐ー」のあらすじを紹介します。
前回の話で、特級呪霊を祓うことに成功しています。

しかし、両面宿儺に体の主導権を握られたまま。
このまま虎杖悠仁の意識が戻らないのでしょうか。

「呪胎戴天-弐-」のあらすじネタバレ

少年院の外に退避した伏黒は、特級呪霊の死に気付く。次の瞬間、横に両面宿儺が現れ、虎杖の体から心臓を抜き取り、人質にする。このままでは虎杖の意識が戻っても死んでしまうと戦い始める伏黒だったが、格の違いを痛感する。

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

虎杖悠仁を助けるため、両面宿儺と戦う伏黒恵。

勝てる相手ではないとわかりつつも、
「少しでも多くの善人が平等を享受できる様に不平等に人を助ける」
この信念のもと、立ち向かいます。

力の差は歴然としています。
伏黒恵は、虎杖悠仁の意識が戻る前に心臓を戻させることができるのでしょうか。

「呪胎戴天-弐-」をみた感想

死亡するキャラが虎杖悠仁だと判明しました。
体の主導権が両面宿儺に握られている時点で、虎杖悠仁だとは思っていました。

この予想は当たってほしくなかったです。
もちろん、他のキャラが死んだほうが良かったという話ではありません。

自分は死ぬのに「長生きしろよ」なんて呪いの言葉のようではないでしょうか?
助けられなかったと思っている状況のうえ、死の間際にそんな言葉をかけられたら……
伏黒恵の心情は穏やかではないですよね。

主人公が死んでしまい、このまま話が進んでいくのか
それともドラゴンボールなどのように復活するのか。

ジャンプの漫画ですから、復活も十分にあり得ますよね。

虎杖悠仁は復活すると信じたいね

伏黒恵の術式の正体とは!?

第5話の注目キャラは、伏黒恵です。

伏黒恵の術式は「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」です。

影を媒体にして、式神を召喚します。
呪符を使う術式ではないため、応用も利くすぐれた術式です。

十種影法術という名前のとおり、十種類の式神を召喚できます。
手で掌印を結ぶことで二体まで同時に召喚ができ、二種類の式神を合体させることもできます。

完全に破壊された式神は二度と顕現できず、破壊された式神の術式などは他の式神に引き継がれます。

両面宿儺の戦闘中、もう呪力がなくなり、ピンチの伏黒恵。
不平等に善人を助けるという信念のもと、

「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」と唱えはじめます。

両面宿儺が「魅せてみろ!伏黒恵!」と興味を示すほどの術。
とても強い術式なのか、それとも両面宿儺の復活に使える術式なのか。

最後の奥義のようなイメージですよね。
式神を召喚する術式なので、強い式神なのでしょうか。

どのような式神の召喚なのか、この術式の正体が気になります。



【まとめ】呪術廻戦5話の動画「呪胎戴天-弐-」を見て

  • 「不平等に人を助ける」信念がかっこいい
  • 虎杖悠仁の死亡が辛い
  • 伏黒恵の術式は十種の影法術
  • 布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)は両面宿儺も興味がある大技

主人公の死亡、最後のボスである両面宿儺が興味をもつほどの大技など、今回気になることがたくさん出てきましたね。

私は虎杖悠仁の復活を信じているものの、もしかしたら……と不安はなくならないです。

伏黒恵が「布瑠部由良由良(ふるべゆらゆら)」と唱えはじめる前、
「命を燃やすのはこれからだったわけだ」と両面宿儺が言っています。

おそらく、力が強大すぎて、命に関わるものなんでしょう。
死亡した虎杖悠仁だけでなく、伏黒恵にも死亡フラグが立っています。

これから先の展開が気になるね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる