呪術廻戦のアニメ動画3話「鉄骨娘」あらすじネタバレ感想は?

\初回限定!最大18,000ポイント還元/ 漫画王国で呪術廻戦を読む漫画王国内で呪術廻戦と検索!
\見逃し配信はこちら/ U-NEXTで呪術廻戦をU-NEXTでみるいつでも解約可能!
見逃し配信バナー

呪術廻戦のアニメ動画第3話「鉄骨娘」のあらすじや感想、注目キャラの紹介します。

この記事でわかること
  • 釘崎野薔薇の術式の効果
  • 術式の発動条件
  • なぜ「鉄骨娘」というタイトルなのか

釘崎野薔薇に注目して書いていきます。

この記事を読めば釘崎野薔薇のことがわかるので、釘崎野薔薇に興味をもった方は見てください。

今回の話からは、説明の回ではあるものの、キャラの個性や魅力なども描写されているので、
前回までと比べて話に入り込みやすくなっています。

れきゅう
れきゅう

好きなキャラを見つけて楽しむのもおすすめ

スポンサードリンク

呪術廻戦のアニメ動画3話「鉄骨娘」のあらすじとネタバレ感想

『呪術廻戦』第3話「鉄骨娘」のあらすじを紹介します。

「鉄骨娘」というタイトルから、釘崎野薔薇がメインの話でしょう。

鉄骨が何を意味するのか気になりますね。

「鉄骨娘」のあらすじネタバレ

3人目の一年生、釘崎野薔薇を迎えに行く虎杖と伏黒、五条。そのままとある廃ビルへ向かい、五条は虎杖と釘崎に、廃ビル内に潜む呪霊を祓ってくるよう課題を与える。ビル内、二手に分かれて呪霊を探し始める虎杖と釘崎は、子どもを人質にとる狡猾な呪霊と対峙する。

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

ついに3人目の一年生、釘崎野薔薇の登場です。

呪いは人口に比例して強くなるため、地方と東京では呪いのレベルが違います。

このレベルは単純な呪いの強さだけではありません。

たとえ強くなくても、狡猾な呪霊など知性をもつ呪いもいるため、東京の呪いの方が厄介だといえるでしょう。

地方と東京の呪いのレベル、その違いを理解できるのか。
才能があっても挫折する呪術師がいます。理由としては生き物の形をした呪いを祓うことに嫌悪感があり、釘崎野薔薇は、躊躇なく祓えるのか。
五条悟の言葉を借りるなら、「ちゃんとイカれてる」のか。

廃ビルの呪霊を払う課題は、見極めるためのテストのようです。

「鉄骨娘」をみた感想

遂に3人目の一年生の釘崎野薔薇が登場。

一年生は3人ともキャラが違うので、全員の魅力が引き立ちますね。

呪術廻戦アニメ公式Twitterで視聴者が選ぶ3話の名シーンが発表されていました。

  • スカウトマンの肩をつかんで「私は?」と訊ねる釘崎
  • 藁人形越しに呪いの腕へ呪力を込めた釘を打ち込んだ釘崎

前回に引き続き、釘崎野薔薇がランクイン!

メインの回とはいえ、どちらも釘崎野薔薇が選ばれています。
初登場から人気のようですね。

今回のお話は、今までの説明の回とは少し違い、キャラの個性を伝える回になります。

多少は説明も入るため理解を深められますし、見ている側も前回までと比べて、
話に入り込みやすくなっています。

地方から出てきたばかりの釘崎野薔薇は、知性がある呪いと対峙するのが初めてのようです。
知性があること、自分の力では敵わないため人質をとる狡猾さ、どちらにも驚いていました。

人質の子どもを見捨てても自分は助かる。
子どもを守ろうとすれば、自分も子どもも殺されてしまう。

自分だけでも助かったほうがいいと頭で理解していても、目の前の子どもを見捨てられず、武器をおろします。

呪術師は弱者(主に呪術師ではない普通の人間)を守るため行動しています。

合理的に考えるなら見捨てるほうがいいとわかっていても、弱者を守ろうとする姿がとても魅力的でした。

壁を壊して虎杖悠仁が登場したことで、呪いの隙をつき、祓うことに成功しました。

まるりん
まるりん

全員助かって本当に良かった!

初登場から人気の釘崎野薔薇

「鉄骨娘」の注目キャラはもちろん釘崎野薔薇です。

自分からモデルのスカウトをされにいったり、なんでスカウトしないのか詰め寄ったり、
「喜べ男子、紅一点よ」といってみたり。

見た目は美人なのに、濃いキャラですよね。

見た目の良さを自覚している強いキャラが好きなので、このシーンだけでもう好きになっちゃいました!

初回の登場で、術式が判明しました。

基本術式は、「芻霊呪法(すうれいじゅほう)

釘崎野薔薇のもっている釘を対象に刺すことで、釘から呪力が流れこむ術式のようです。

釘さえ刺すことができれば、距離をとることも可能なため、遠距離型の術式といえますね。

今回狡猾な呪霊に対して使った術式は
芻霊呪法(すうれいじゅほう)共鳴り(ともなり)」です。

とれた腕に対してわら人形と釘を差し込むことで呪力を流しこみます。

距離がどれだけ離れていようと関係ないので、呪霊がビルから逃げてしまっていても、祓うことができました。

金槌で釘を打ち込むから、鉄骨娘なんですね。

対象の一部を手に入れさえすれば呪力を流しこめるので、離れた敵にも有用です。
髪の毛や血液などでも発動し、手足や臓器など希少部位であるほど、術式の効果は高まります。

多少条件はあるものの、今後活躍の機会が多そうな術式のため、釘崎野薔薇も要チェックですね!

スポンサードリンク

【まとめ】呪術廻戦3話の動画「鉄骨娘」を見て

  • 呪術廻戦アニメ動画第3話「鉄骨娘」のあらすじ
  • 感想としては釘崎野薔薇から目が離せない
  • 初登場から人気の釘崎野薔薇

待望の3人目の一年生が登場し、術式が判明しました。

芻霊呪法(すうれいじゅほう)という金槌、釘、わら人形を使う術式です。

これだけ聞くと、丑の刻参りを連想してしまい、少し陰湿に感じます。
個人的には、釘崎野薔薇が魅力的なキャラなので、陰湿さよりも恰好良さを感じました。

注目したいキャラが回を追うごとに増え、終わりごろに不穏なシーンもあり、次回も目が離せないですね!

スポンサードリンク