呪術廻戦のアニメ動画22話「起首雷同」あらすじネタバレ感想見逃し配信は?

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

「週刊少年ジャンプ」で好評連載している呪術廻戦。
呪術廻戦のアニメ22話「起首雷同」のあらすじとネタバレ感想についてお伝えしていきます。交流会は野球という形で終わりを迎えますが、呪霊の仕業であると思われる事件が新たに起きてしまいます。
虎杖、伏黒、釘崎は調査のため派遣され、事件のきっかけとなった出来事について解明していく流れに。更に見どころやポイントについても紹介します。

目次

呪術廻戦のアニメ動画22話「起首雷同」のあらすじとネタバレ感想

呪術廻戦のアニメ22話「起首雷同」のみどころ!
  • 伏黒の過去が明らかになる
  • 呪霊と対峙

今回は虎杖、伏黒、釘崎サイドと、真人・夏油サイドでそれぞれ動きがあります。

さらに伏黒の姉の話も出てきて、今回も目が離せない展開が続きます。

「起首雷同」のあらすじネタバレ

呪霊により3人の男が似た状況で死亡する事件が発生。被害者たちは同じ中学校に在籍していたことが判明し、虎杖、伏黒、釘崎はその調査に派遣される。現地に着いてみると、その中学校は伏黒の母校であった。被害者らは地元の心霊スポット「八十八橋」の下で揃って倒れていたことがあったと聞く。さらに伏黒の姉・津美紀も事件に巻き込まれていたと分かり――。

引用元:TVアニメ「呪術廻戦」公式サイト

「起首雷同」をみた感想

虎杖、伏黒、釘崎が刺殺された男性たちの中学にいったことにより、伏黒の過去も明らかになりましたね。不良たちが3人に対して挨拶をしてきたのは、不良たちは伏黒にボコられたことがあるからだったのですね。なんで伏黒が不良たちをボコることになったのかの経緯も気になりますね。

今回は、初登場ながら新田が存在感がありました。
八十八橋のことを藤沼から聞き出す時も、その場でもっともらしい話をして自然に話を聞き出すのです。

また、真人も新たに呪霊を作っていました。しかし手元にはまだ「宿儺の指を6本」、「特級呪物・呪胎九相図」がまだ残っているので、今後も気が抜けなさそうですね。

伏黒が一人で八十八橋に向かった時も、現地には虎杖、釘崎がいてやりとりの中に確かな友情があるのも最高でした!

呪術廻戦のアニメ動画22話「起首雷同」のポイント

九相図について

今回、真人は呪胎九相図を飲み込ませて呪霊「血塗」を作りました。

高専から盗んだ呪胎九相図は、「No.1〜3」であり、他に2体の受肉体を作り出すことができます。

呪術廻戦の見逃し配信をみるには?

おすすめは「U-NEXT」です。無料体験でアニメ全話視聴可能なので、お気に入りのシーンを見られます。通常であれば、月額2189円かかりますが無料期間中にやめることもできます。



【まとめ】呪術廻戦22話の動画「起首雷同」を見て

交流会もひと段落つき、22話から新たな展開がはじまりました。原作漫画では7巻の55話~57話にあたります。

伏黒の過去が明かされたり、姉である津美紀の現状が知れたりと新たなことも多く出てきましたね。姉の話が出てきたことから次回の23話では伏黒が中心の話になるのではと思います。

虎杖・伏黒・釘崎の3人が一緒に任務をこなすのは久々であり、前回より成長してパワーアップした3人を見られるのは楽しみですね!

\継続課金なし/

\31日間無料/

いつでも解約可能!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

one × 1 =

目次
閉じる